さくらインターネットで常時SSL化した後、httpsに転送を行う方法をメモします。

SSL証明書の発行が出来て、めでたくhttpsのサイトが出来上がったわけですが、httpとhttpsが共存しているので、httpsに一本化したい!と思いますよね。

でも、301リダイレクトとかのやつですが、なんだか難しそうだなーと思いますよね。がんばろうにもhtaccessとか、わけがわからないなんてことに・・・

でも、さくらインターネットの場合は、wordpressのプラグインを入れるだけで終了。難しいことは一切無いのです!

さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン

プラグインのインストール

通称「さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」
プラグイン名は「SAKURA RS WP SSL」

 

●wordpressにログインします。
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-1

 

●プラグインの新規追加に進みます。
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-2

 

●プラグインの検索窓で
「さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」と検索

さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-3

 

●「さくらのレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」を有効化。
さくらインターネットのwordpressには元から入っているらしいけど
そんなことは気にせず、検索して、有効化や追加すればいい
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-4

プラグインの設定

 

●次は設定のSAKURA RS SSLに進みます。
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-5

 

●囲った3つをチェックして、SSL化を実行するを押す。
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-6

 

●なぜかもう一度ログインさせられるんだよね。
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-7

 

おしまい!

httpsに転送確認

 

httpsって入れなくても
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-8

 

保護された通信httpsに転送!
さくらインターネット専用常時SSL化プラグイン-9

常時SSL化、簡単だったねー

さくらインターネットでSSL証明書発行がまだの人はこちらを見てね
【無料SSL設定方法】さくらインターネットで常時SSL化を無料で行う方法