WebP

GoogleのWebPが増えてきたのに、photoshopで扱えない・・・と悩んでましたが、WebP公式HPで公開されていましたので、CS6での手順をメモしておきます。

Adobe Photoshop CS6でWebP

Adobe PhotoshopでWebPを扱うための手順が解説されたサイトはありますが、Adobe Photoshop CS6は書かれていません。試行錯誤して何とかなりましたので、忘れないようにメモしておこうと思います。

webp公式HPで手順を確認

Adobe PhotoshopでWebPを読み込んで保存するためのプラグインである”WebPShop”がwebp公式HPで紹介されています。

https://developers.google.com/speed/webp/docs/webpshop

内容を確認すると、残念ながらPhotoshopCS6には対応して無いようです。

なので、PhotoshopCS6でWebPプラグインが使えるようになるための手順を紹介します。

GitHubからWebPShopをダウンロード

WebPShopをダウンロードするために、GitHubサイトに行きます。

GitHubサイトのWebPShopページ
https://github.com/webmproject/WebPShop

“WebPShop”をダウンロードします。
WebPShop

 
“Downroad ZIP”をクリックし、WebPShop-master.zipというZIPファイルを適当なところに保存します。
WebPShop

PhotoshopCS6のプラグイン化

Photoshopが起動しているなら、いったん閉じます。

 
WebPShop-master.zipファイルを解凍して、binフォルダの中の、
WebPShop

 
WebPShop_0_2_1_Win_x64フォルダの中の、(WebPShop_0_3_0_Win_x64じゃダメです)
WebPShop

 
“WebPShop.8bi”をいうファイルをコピーします。
WebPShop

 
C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS6 (64 Bit)\Plug-ins\Panels
の中に”WebPShop.8bi”をペーストします。
photoshopプラグイン

PhotoshopCS6のWebPプラグイン完成

Photoshopを立ち上げると、WebPが開いたり保存できるようになってます!
WebP保存

 
WebPで保存すると、保存ダイアログが出てきます。
WebPダイアログ

Quality:JPEGでもおなじみの画質が選べます
Compression:時間をかけるとその分圧縮されます
Preview:仕上がるを見ることが出来ますが重くなります

PhotoshopCS5のプラグイン化

PhotoshopCS5でWebP画像を扱いたい場合は、”WebPShop.8bi”を

C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS5 (64 Bit)\Plug-ins\File Formats
の中に”WebPShop.8bi”をペーストすればOKです。他の手順は同じです。