サイトの一番下には、「サイトヘッダー」という文字が書かれています。

基本的には、「年号+サイト名+All Rights Reserved.」になってっていることが多いと思います。ちなみにこのサイトの場合は、「Copyright (C) 2019 残せ!僕の大事なメモ All Rights Reserved.」です。

しかし、年号が去年のままになっているサイトがありました。

え?これって毎年更新しなきゃいけないの??と、自分の他のサイト調べてみると、自動更新されているものと、去年のままのものがあり、なにが違うのか調べましたので、メモしておきます。


自動更新するフッターとしないフッターの違い

フッターの記述にどのような違いがあるのか調べてみると、赤い線を引いたところに違いがありました。

フッターの年号が自動で更新する記述

「echo date(“Y”)」つまり、現在の西暦を表すようになっています。

フッターの年号が更新しない記述

「echo get_installed_year()」つまり、インストールされた西暦を表すようになっています。

なんでじゃ?

自動更新するようにフッター情報を書き換える

●左のメニューの、外観→テーマの編集をクリック
外観のテーマの編集

●テーマファイルの中のテーマフッターfooter.phpを選択
テーマフッターの場所

●16行目辺りにある、bloginfo(‘name’)の手前がそう
フッター年号の場所

●自動で更新する記述に書き換えればOK!
フッター年号の場所2

このとき、「ファイルを更新」をクリックするのを忘れずに!

エラーだと、ファイルが更新されないので、エラーが出たら、もう一度落ち着いて最初(テーマの編集を選ぶ)からやり直しましょう。

最新年号自動更新コピペ用

<インストール時の年号表記>

<p><small>Copyright (C) <?php echo get_installed_year(); ?> <?php bloginfo('name'); ?> <span>All Rights Reserved.</span></small></p>

<最新年号自動更新>

<p><small>Copyright (C) <?php echo date("Y"); ?> <?php bloginfo('name'); ?> <span>All Rights Reserved.</span></small></p>

忘れて、来年も悩まないように、メモっておきます。