ネットの速度低下の原因がプロバイダかどうかを調べる方法をメモします。

ネットの速度低下の原因を調べる

インターネットをしていて、なんだか速度が遅い。そういえば、曜日や時間帯で決まって遅いときがあるような。もしかしたらプロバイダが原因かもしれません。

思い切って、評判の良いプロバイダに乗り換えちゃおう!って方、ちょっと待ってください。それ、ほんとにプロバイダが原因ですか??もしかしたら、自宅への光ケーブルの配線が原因かも?それで、自宅からフレッツ光までが遅いのかもしれない。

だから、プロバイダを疑う前に、自宅からフレッツ光までが遅いのか、フレッツ光からプロバイダ経由のインターネットが遅いのか、はっきりさせましょう。

自宅からフレッツ光までの速度測定

・まずは、サービス情報サイト(IPv6/IPv4) サポート情報にアクセス

https://flets.com/customer/service/square.html

 >>【対処法】フレッツ光のサービス情報サイトに行けねーって時はこちら>>


・かんたん!サービス情報サイト設定ナビに進みます。

1かんたんサービス情報サイト設定ナビへ


・速度の確認の詳しくはこちらに進みます。

2速度の確認詳しくはこちら


・ご家庭の回線に応じて選択します。

3回線を選択


・測定スタートで速度測定開始

4測定スタート


・少し待つと、測定結果が表示されます。

6測定中

7測定結果


フレッツ光からプロバイダ経由のインターネット速度測定

・お好きな速度測定サイトで調べましょう

BNR スピードテスト
http://www.musen-lan.com/speed/
8BNR-スピードテスト

スピードテスト USEN
http://www.usen.com/speedtest02/flets/speedtest.html
9スピードテスト-USEN


測定結果のどこで判断する?

今回の計測では、自宅からフレッツ光までの速度測定で95Mbps、フレッツ光からプロバイダ経由のインターネット速度測定で23Mbpsとなりました。

やっぱり、プロバイダで遅くなっている!と判断するのは早いです。4分の1くらいになるのは当たり前のこと。重要なのは、速い時と遅いときの差がどこにあるかなのです。速い時の数値をメモっておいて、遅いときにどちらが原因かを突き止めましょう。